「整理収納アドバイザー」とは?:資格の主旨や取得のメリット、取得方法、取得にかかる費用などをまとめてみました。

整理収納

はじめに

どうも猫の皿です。
先日、『レトロシリーズ』という収納家具の販売を開始しました。製品の構想を練っていた時のことですが、収納や整理整頓・片付けについて色々と調べていると「整理収納アドバイザー」というワードをよく目にしました。

その時はふーんそんなのがあるんだ、くらいにしか思っていなかったのですが、調べてみるとなかなか奥の深い世界のようです。


ということで、今回の記事では『整理収納アドバイザー』という資格についてまとめていきたいと思います。


整理収納アドバイザーとは?

ハウスキーピング協会という団体が主宰する資格です。

ハウスキーピング協会というのは2003年に設立された特定非営利活動法人で、「家事の社会的価値向上を目的とした様々な活動」をしている団体、とのこと。


「家事の社会的価値向上を目的とした様々な活動」って何のこと?って感じですが、HPに書いてある設立の主旨を要約すると、

「家事」というのは生活の基本に関する労働なのに、対価が不明瞭なために正当に評価されていないという現状に対し、
①整理収納アドバイザーの育成
②資格を有する者の仕事の場をつくる
③技能を証明する資格をつくる
というようなことにより、主婦の仕事が正当に評価され、経済的な価値が認識されるようなプロフェッショナルな仕事に高めていこう
みたいな感じだと思います。


詳しくは団体HPをご覧ください。
特定非営利活動法人 ハウスキーピング協会HP


そして、今回の記事のテーマである「整理収納アドバイザー」というのは、ハウスキーピング協会の代表的な資格です。

この資格講座を通じて、整理収納のノウハウを学ぶことでお部屋をきれいにすることの他に3つのメリットがあると紹介されています。


整理収納を学ぶ3つのメリット

ハウスキーピング協会のHPには整理収納のノウハウを学ぶメリットが3つ紹介されています。

①時間的メリット : 片付け上手になれば、物を探すための“タイムロス”をなくせます。
→たしかに、物を探す時間って本当に無駄ですよね。全ての物がきちんと整理収納されて、必要なときにすぐに使える状態になっていたら時間の有効活用につながりますね。



②経済的メリット : 物が整理されていれば、無駄買い・二度買いが抑制されます。
→これも確かに。家庭内の物の在庫管理もしやすいですね。



③精神的メリット : 片付いた空間は心にゆとりを与え、気持ちを前向きにしてくれます。
→これも何となくわかります。


整理収納アドバイザーの資格講座を通じて片付けについて学ぶことは、整理収納アドバイザーやコンサルタントのような整理収納を仕事にしたいと思う方だけでなく、片付けが苦手な方や、もっとお家をきれいにしたい!とお考えの方にもメリットのある資格講座であると言えそうですね。




資格の種類

さて、ここまで整理収納アドバイザーとはどんな資格なのかをみてきました。

ここで整理収納アドバイザーには、どんな種類があるのかをみていきたいと思います。

2020年12月17日現在、整理収納アドバイザーには
・整理収納アドバイザー2級
・整理収納アドバイザー準1級
・整理収納アドバイザー1級
という3種類の等級があるようです。
※ネットで学べる3級というのもあるそうです。
◼️整理収納アドバイザー2級
整理収納アドバイザーの人気No.1。2級では基本的な “整理の考え方”、具体的な “整理の方法”、実践的な “収納のコツ” を、事例を交えて詳しく学ぶことができるそうです。基本的な “整理の考え方”、具体的な “整理の方法”、講座はオンラインに加えて、全国各地で開催。1日の受講で資格を取ることが可能。
詳しくはこちら
整理収納アドバイザー2級について


◼️整理収納アドバイザー準1級
準1級では、「整理収納のプロフェッショナル」として、社会で活躍できるような考え方と知識が備わっているかの判定を行っているとのことです。受講後は周りの方に自信をもって整理収納のアドバイスをすることができるようになるそうです。
・整理収納アドバイザーの知識をより深めたい方
・整理収納が苦手な人にアドバイスをしたい方
・整理収納アドバイザーのスキルを仕事に活かしたい方
におすすめの講座とのことです!
詳しくはこちら
整理収納アドバイザー準1級について


◼️整理収納アドバイザー1級
準1級を取得後、「一次試験」と「二次試験」に合格するとプロの整理収納アドバイザーとして活動することができるそうです。
詳しくはこちら
整理収納AD1級(一次試験)について
整理収納AD1級(二次試験)について


資格の認定条件

各資格の認定条件は次のようになります。

◼️2級:
1日間の講座を受講することで2級の認定証をもらえる。(誰でも受講できる)
・受講料は2万4700円(税込)
詳細はこちら


◼️準1級:
2日間の講座を受講することで認定証をもらえる。(2級をもってないと受けられない)
・受講料は3万6300円(税込)
詳細はこちら


◼️1級一次試験:
筆記試験(マークシート)とCBT試験(コンピュータ)という二つの方式からどちらかを選択して受験します。
・試験時間120分
・受験料は1万1000円(税込)
・合格率は70~80%
詳細はこちら


◼️1級二次試験:
会場試験動画提出試験の2つの方式からどちらかを選んで受験します。試験は3~5人のグループで行い、実技試験は一人20分間の研究発表をプレゼンテーション形式で行う。
・試験時間180分
・受験料は1万3200円(税込)
・合格率は80~90%
詳細はこちら



その他の資格について

ハウスキーピング協会では、「整理収納アドバイザー」以外にもさまざまな資格の認定を行っているようです。

例えば、
整理収納を仕事にしたい人向けの

・整理収納コンサルタント:整理収納アドバイザー1級の上位資格。2日間で4万4000円の講座を受講後、それぞれ8250円(税込)の一次試験と二次試験に合格すると認定されるそうです。→詳しくはこちら


・整理収納アドバイザー2級認定講師
この資格を取ると、整理収納アドバイザー2級の認定講座を開催できるようになるそうです。3万8500円の予備講座を受講後、2万4200円の試験を受ける必要があるそうです。→詳しくはこちら

その他にもさまざまな資格が用意されているようです。興味がある人はコンプリートを狙ってみるのも楽しいかもしれません。私が数えた範囲内では28種類の資格がありました。


ハウスキーピング協会の資格一覧ページ



資格取得にかかる費用

さて、「整理収納アドバイザー」という資格がどんなものか、だんだん分かってきたかと思います。

ここで、各資格について取得するまでにいくらかかるかを計算しておきたいと思います。カッコ内は取得までにかかる累計の金額です


◼️2級→2万4700円
◼️準1級→3万6300円(6万1000円)
◼️1級→1万1000円+1万3200円(8万2500円)
◼️整理収納コンサルタント(おまけ)
→44000円+8250円+8250円(14万5700円)


すごい金額ですね・・・笑


岐阜の整理収納アドバイザー・・・

さて、今まで知らなかった世界を垣間見せてくれたハウスキーピング協会のHPですが、HP内に各都道府県内で整理収納アドバイザー1級以上の資格をもっている方の紹介ページがあります。


紹介ページはこちら


近所に整理収納アドバイザーの方がいれば、相談しやすいので便利ですね。


さっそく、私の住んでいる岐阜県の整理収納アドバイザーの方を見てみようと思います、、、、

あれ、岐阜県がない。
(※2020年12月17日現在の情報です。)


試しにインスタで検索してみると数人出てくるので、たぶん県名一覧に岐阜県を入れ忘れたのだと思います(悲しい)。


片付けが苦手な方はお近くの整理収納アドバイザーに相談してみると良いかもしれません。



おわりに

今回の記事では「整理収納アドバイザー」という資格についてまとめてみました。

色々と記事を読み、調べていく中で本当に多くの方が片付けや整理整頓、収納ということに強い関心を寄せているということに改めて気づきました。


『レトロシリーズ』という収納家具を製作販売している私たち猫の皿ですが、実は私たちもお片付けがめっちゃ苦手です※モニター企画を実施した際の画像です。現在はモニター募集しておりませんのでご注意ください。

整理収納が苦手なのに収納家具を作っています。

というより、整理収納が苦手だからこそ収納家具を作っています。


『レトロシリーズ』というのは、
片付けが苦手な私たちでも部屋をきれいに整理できて、なおかつ部屋の雰囲気をよくして、そして値段も手頃、、、つまり「こんな収納家具があったらいいのになぁ、」と私たち自身が探していた家具を自分たち自身で製品化したものです。


今後は私たちが作っている『レトロシリーズ』という収納家具を使って、猫の皿のおうちをお片付けしていく様子を記事にしていけたらいいなと思います。


最後までお読みいただきありがとうございました。


▼あわせて読みたい!
◼️レトロシリーズ販売ページ
◼️レトロシリーズ商品紹介記事
◼️レトロシリーズ使用者の声まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました