木工旋盤でのコーヒーメジャーの作り方

作品

どうも猫の皿です。
コーヒーメジャーを木工旋盤で作る方法をまとめてみようかなと思います。

まず、今回作ったものをお見せします。
コーヒーメジャー

ウォールナットの端材があったので、それを使いました。

これを旋盤を使って作りました。
「え、旋盤ってコップやお皿みたいな形のものを作るのに使うんじゃないの?」
「旋盤でつくれるの?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

実は、
①持ち手と球をまず削る
②治具を使って持ち変えてからすくい面を削る
という風に2回に分けて削り出せば作れるんです。

では、ここからもう少し詳しくつくり方を見ていきましょう。全体の流れはこんな感じです。

木工旋盤で持ち手と球を削り出す。

まずは持ち手を軸とするような方向で回転するように旋盤に取り付け、持ち手と球を削ります。これはまぁいつもと同じやり方ですね。

ここですくう部分の大きさ持ち手の長さ、形を決めます。

こんな感じで第一段階は終了。
ペーパーで磨いておきます。
球体をいかに精度よく球にするかがポイントですね。

旋盤で休をつかむために治具をつくる

さて、第一段階でこんな形ができあがりました。
なんか可愛いですね。

次にこの球体を掴んでこんな方向に回転させて、すくい面を削っていきたいのですが、、、球体だと掴めません!

ということで、次にこのような治具を作成しました。この輪っかの中に球体を入れて、その後で旋盤に取り付けます。

作り方という程のことでもありませんが、こんな風な大きさで板を切り出しました。

僕は材料節約のために糸ノコで切り出しましたが、これも旋盤で作った方が精度が良いと思います。

木工旋盤ですくい面を削る

準備が整いました。
さっそく旋盤に取り付けてみます。

これで回転させて、すくい面を削っていきます。

しっかり掴めているか確認しながら、持ち手部分に手をぶっ叩かれないように注意しながら慎重に削っていきます。

できました。

ペーパー+オイルで磨く

最後にペーパーとくるみ油で磨いて完成!

まとめ

今回は木工旋盤を使ったコーヒーメジャーの作り方をまとめてみました。このやりかたは普通のスプーンを作るときにも応用可能と思います。

製作の様子を撮影した動画がありましたので貼っておきます。

それからそれから、今回紹介したのと同じような方法で製作したコーヒーメジャー2点をオンラインショップの方で出品しております。よかったら覗いてみてください。

これらは旋盤で大まかな形を作ったあとで、ナイフ跡を残すような仕上げ削りを施したものです。ぜひぜひ覗いてみてください!

最後までお読み頂き、ありがとうございました。猫の皿でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました