木を味わう「ヒノキのスプーンキット」販売開始しました。

仕事でもPCと向き合って、通勤中や自宅でもついついスマホやPCでSNSを見たりして、何となく時間を過ごしてしまいがち。

自然のものに触れたり、何かに集中して自分と向き合う時間を持ったり、自分を労ったり、リラックスできるような時間をなかなか取れていないのではないでしょうか。

私は小学生のころ、自分の手を動かして何かをつくる図工や家庭科の授業が好きでした。特に本立てや、パズル、版画など木を切ったり、削ったり、彫ったりする感触が楽しくて、授業をわくわくと心待ちにしていました。

そんな、木を削る体験を大人になってもできるのが、この猫の皿のおうちで木工キット「ヒノキのスプーンキット」です。

道具も材料も作り方すべてセットなので、届いたらすぐに作り始めることができます。また、動画解説も用意しているので、詳しく分かりやすくなっています。

スプーンのすくい面は少し難しいので、今回のキットではすでに削ってあり、初心者の方も簡単にスプーンづくりを体験できます

カレー用なのか、プリン用なのか、調味料用なのか自分の欲しい用途に合わせて柄の長さを自由に決めてつくることができます。

たとえば、一時間だけ、携帯の通知をすべてオフにしてスプーンを削る時間をもつ。削っていると集中して、他のことを忘れて私とスプーンだけの時間になる。その時間が終わると、ちょっとリフレッシュできて、スッキリした気分で他のことができるかもしれません。

このキットは、私たちの活動のひとつ「けずるラボ」の通信版です。けずるラボとは、みんなで黙々と木を削って完成作品を見せ合って、このスプーンのこの持ち手の感じかいいよね~とか、私にはこんな風なデザイン思い付かなかった!みたいなことをお菓子を食べながらする会です。

ここでけずるラボの参加者の感想をご紹介させてください。

・「シンプルに削るのが楽しかった。ヤスリで仕上がって行く感じがとても楽しい」

・「没頭できて楽しかったです。1つのことに長時間黙々と取り組む、というのは昨今ますます得難くなっている経験だと思います。」

・「木の形が変化するところを見れるのと、いい匂いの中で作れるのが癒しになった。」

・「楽しいだろうと思っていましたが、想像を遥かに超えた楽しさでした!!我が子のように可愛いスプーンを使うのがたのしみです。また参加したいです!」

2020年2月開催のけずるラボ参加者アンケートより

実際に時間を共有しながらけずるラボを開催したいですが、しばらく厳しい状況になるだろうということで、それぞれの家でも体験していただけるよう、今年度に入ってから企画、販売を開始しました。

あなたも自宅で、木を削って、香りや手触りを感じながら暮らしの道具を自分でつくってみませんか?

自分と向き合う時間としても、親子で一緒にでも、また、友達と一緒にオンラインで「けずるラボ」をしてみるのも良いかと思います。キットをより多くの方に、それぞれの楽しみ方をしていただけたらなぁとコツコツ製作しています。

キット内容は以下のようになっています。

【セット内容】
・材料(ヒノキ材×2本)
・作り方テキスト
・切り出しナイフ(三木章刃物本舗《ブラック》カービングナイフ柄付)
・小型のこぎり(SK11 細工用ミニ片刃鋸 刃渡り 105mm SSM-2 )
・紙やすり(100・120・240・400各2枚、800・1500各1枚)
・鉛筆
・くるみ油

ナイフは、右利き用も、左利き用もどちらも用意してあります。

今回のヒノキは、柔らかく削りやすく、香りも特に高い材料ですので、ときどき、匂いを嗅いでみてください。

注意点として、材料はひとつひとつ手作業で切り出し、すくい面の削り出しを行っているため、すくうところは真ん丸ではなく、厚さも均一ではございません。その点をご理解いただいた上でご購入いただきますよう、宜しくお願いいたします。

猫の皿のHP上に、キットの完成作品を掲載するページ「みんなの木工ひろば」があります。そちらに投稿していただいた方には、10%オフクーポンを発行しています。続けてご購入いただく場合には特に、投稿していただければお得になっています。

前回のジャムスプーンの感想も同時にご覧いただけます。

ちょっとだけ携帯の通知をOFFにして
さくさくと削る感覚や木の香りを味わってみませんか?

ご購入はコチラ

解説動画はコチラ

コメント

タイトルとURLをコピーしました